ケーブルテレビのインターネットが遅い!接続が切れるのはなぜ?

ケーブルテレビでインターネットを使っていると…遅い!接続が切れる!と問題点が…という経験もあるのではないでしょうか・・・?

そこで今回はケーブルテレビのインターネットの仕組みと光回線との大きな違いや、なぜケーブルテレビのインターネット速度が遅いのか?ということについてお伝えしていきます。

この記事でわかること

・ケーブルテレビのインターネットの仕組み

・ケーブルテレビのインターネットが遅い理由

・ケーブルテレビより快適な光回線インターネットのおすすめ

それでは早速、ケーブルテレビのインターネットの仕組みからいきましょう!

ケーブルテレビってテレビなのにインターネットが使える?ってよくわからんわ・・・でもなんか光回線のサービスが増えてからめっきりケーブルテレビって聞かんよーになった気もするなぁ・・・

目次

ケーブルテレビのインターネットの仕組みとは

それではケーブルテレビのインターネットの仕組みについてまずは把握しておきましょう。そもそもケーブルテレビは有線のテレビ放送です。

有線といえば、音楽の有線も聞いたことがあるかと思いますが、簡単に言うとそれのテレビ番組バージョンですね!そして、有線なので自分の家まで線がつながっています。

テレビと言えば「電波」というイメージがあるはずですが、ケーブルテレビはその名の通りケーブル(有線)を使ったテレビなので電波ではなくケーブルを使ってテレビ放送を見ることができる、という仕組みなんです。

その”有線”の部分が実はテレビ放送の受信だけではなく”インターネット”の利用もできるようになっている、ということです。

光回線の場合も同じように家の光回線工事によって線をつないでインターネットができるようになるわけですが、もともとケーブルテレビのテレビ受信のための有線をそのままインターネットにも使えるようにしたのがケーブルテレビのインターネットということなのです。

つまり、有線でテレビ番組もインターネットもダブルで得られる!ってことなんやな!せやったら、一石二鳥なんちゃうの!?

ケーブルテレビのインターネット速度はなぜ遅い?その理由

実は、テレビ番組もインターネットも同じケーブルで引っ張ってきています。となるとそのケーブルの「転送速度」のキャパシティはそれぞれに対して負担がかかってしまいます。

インターネットをつなげるためだけの有線である光回線と違ってテレビ番組を流すための部分も必要になってしまうため、ケーブルテレビのインターネット品質はどうしても下がってしまう、というわけです。

実際に、大手光回線は

auひかりドコモ光Softbank光Nuro光
1Gbps1Gbps1Gbps2Gbps

このようにインターネット速度が1Gbpsという速度以上は当たり前となっています。これに対してケーブルテレビは・・・

J:comiTCOM
320Mbps600Mbps

と光回線には劣ってしまいます。一部戸建てプランでは1Gbpsなどのプランもありますが、この数値は「理論値」と呼ばれるもので実際のスピードは3分の1〜5分の1程度となります。だからこそケーブルテレビのインターネットは遅い・・・と言われがちなんですよね。

なるほど・・・
一石二鳥どころか互いに削り合ってるっちゅーわけか。インターネットが遅いのは結構致命的やんな?

ケーブルテレビで動画やゲーム(PS4/PS5)はできない?

今や、テレビではなくYoutubeやNetflixなどの動画配信サービスをインターネットで見ている人も多いのではないでしょうか?また、PS4やPS5などのゲームも今やオンラインゲームが主流となっているためインターネット速度もある程度必要になります。

となるとケーブルテレビでは動画がサクサク見れなかったり…ゲームについては途中切断ということも。

もちろんケーブルテレビのインターネットでも動画が見れない・ゲームができないということはほとんどないと思いますが、速度が遅いことによる支障があることは間違いないでしょう・・・。

ゲーム中に途中切断とか泣けるやつやで・・・(T_T)
動画も途中で止まるとイライラしてまうよなー。

ケーブルテレビよりも光回線がオススメな理由

ケーブルテレビのインターネットが遅い理由については把握できたかと思います。最大速度自体が遅いとどうしてもインターネットを使っている体感としても遅く感じてしまいます。

そこでオススメなのが光回線です。光回線は光ファイバーという線を使っていて、その前にインターネットとして利用されていたADSLの電気信号とは違い、光信号を使って伝達するようにできているため光の速度で通信ができる、というわけなんです。

だからこそ、快適に高速なインターネットを使うのであれば間違いなく「光回線」がオススメです。

ただ、ケーブルテレビと大きく違うのは・・・使える光回線の種類がとてつもなく多い、ということです。現在光回線のサービスは250社以上あると言われています。そのため、どの光回線がベストなのか?がわかりにくく複雑になっています。

そこで、以下の記事にて光回線を徹底比較しています。ぜひこちらを参照にあなたにあったベストな光回線を見つけてくださいね!

ベストな光回線の見つけ方は…

STEP
使用中のスマホと同じ会社のサービスを探す

光回線であれば正直速度は高速で大きな違いはそこまでありません。そのため、料金を重要視する方が多いです。そして料金のコスパを最大限に出すにはスマホと同じ光回線にすることがベストなんです。セット割を使ってお得に光回線を利用しましょう。

STEP
利用可能な地域か確かめる

光回線のサービスによって利用可能地域が異なりますのでお住まいに対応しているかを確かめましょう。

これだけです。料金や速度など細かい内容は以下の記事をご覧ください!

\50社から厳選した5社はコレだ/

まとめ

今回はケーブルテレビのインターネットの仕組みや、なぜ遅いのか?ということについてお伝えしてきました。テレビの受信とインターネットの受信の両方を担っているが故にどうしても安定した高速なインターネットは届けにくいのかもしれませんね…!

技術の発展でそのうち両方とも爆速!みたいなことになってほしいやんなぁ。

岩岡拳汰
監修者
光回線の営業からコールセンターなどマネジメント業務等に携わる。
5年以上インターネット回線のアドバイザーとして経験を積み、IOTsupport株式会社にて通信の総合まどぐちの監修者を務める。

オススメ関連記事