【平均はいくら?】光回線の料金相場と安く抑えるポイント5選

【平均はいくら?】光回線の料金相場と安く抑えるポイント5選

「光回線の料金相場ってどれぐらい?」「光回線の料金を安く抑える方法は?」

このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

快適なインターネット利用を目的に光回線に加入しようと思った時、気になるのはやはり「料金」ですよね。

1つのサービスの料金プランを眺めてみても「これって高いの?安いの?」と判断することができません。

そこで今回は光回線の料金相場や料金を安く抑えるポイントについて解説していきます。

コスパ良く光回線を利用したいという方は参考にしてみてください。

目次

光回線の料金相場ってどれぐらい?

光回線の料金相場は下記のようになっています。

戸建て5,000円〜6,000円
マンション4,000円〜5,000円
光回線の料金相場

主要な光回線の月額料金は上記のような設定になっていることが多いです。

これを1つの基準として、各社の料金プランを見れば相場よりも高いのか、安いのかの判断ができますね。

主要な光回線の月額料金はどれぐらい?

では、主要な光回線の月額料金も併せて見ていきましょう。

光回線戸建てマンション
ソフトバンク光5,720円4,180円
ドコモ光5,720円4,400円
auひかり5,610円4,455円
NURO光5,200円2,090〜2,750円
OCN光5,610円3,960円
ビッグローブ光5,478円4,378円
So-net光6,138円4,928円
平均5,639円4,150円
主要な光回線の月額料金

主要な光回線の月額料金を調査したところ、平均金額は「戸建て:5,639円」「マンション:4,150円」という結果になりました。

光回線の料金プランを見るときは、この金額を参考にしてみてください。

光回線の料金を安く抑える5つのポイント

光回線の料金を安く抑えるポイントとしては以下の5点が挙げられます。

  • 自分に合った契約プランに加入する
  • キャンペーンを活用して費用を抑える
  • スマホセット割で通信費全体を節約する
  • 無駄なオプションやサービスには加入しない
  • 月額料金の安い光回線に乗り換える

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

自分に合った契約プランに加入する

光回線ではさまざまな料金プランが用意されているため、自分に合うプランに加入することが重要です。

例えば、料金体系も「定額タイプ」「従量タイプ」の2種類があります。インターネットの利用頻度が高い人であれば、どれだけ使っても料金が一定な「定額タイプ」が向いているでしょう。

逆に、インターネットをあまり使わない人であれば、2〜3段階の「従量タイプ」のプランに加入することで、料金を抑えることができるでしょう。

その他にも、最大通信速度によってプランが分けられているケースもあります。

「1ギガ」「5ギガ」「200メガ」など、最大速度毎にさまざまなプランがあるので、利用頻度や用途に応じて自分に合うものを選びましょう。

これらの項目から自分にぴったりフィットするプランを選ぶことができれば、納得のいく月額料金で光回線を利用することができるでしょう。

キャンペーンを活用して費用を抑える

新規加入時に得られるキャンペーン特典を活用すれば光回線に支払う金額をかなり抑えることができます。

例えば、工事費が無料になる特典やキャッシュバック特典など、これがあるのとないのとでは負担額に大きな違いが出てくるでしょう。

光回線を選ぶときには月額料金だけを見るのではなく、各種キャンペーンの実施状況も必ずチェックして、支払い金額ができるだけ安くなるサービスを選んでみてください。

スマホセット割で通信費全体を節約する

光回線とスマホ会社をセットで利用すると適用される「スマホセット割」は、料金を抑える上で非常に重要な役割を担っています。

スマホ料金が割引される形になるため、光回線の料金が安くなるわけではありませんが、通信費全体を考えると節約効果は非常に大きいです。

キャリア系のセット割であれば毎月のスマホ代が1,000円程度安くなりますし、格安SIMであればそのままでも安い月額料金がさらに数百円安くなります。

スマホと光回線は別々のキャリアだった…

毎月1000円でもスマホ代が安くなれば年間12000円も節約できて嬉しい!

光回線の料金を安く抑えることを考えるのであれば、ネットとスマホといった通信費全体の費用を安くする視点も持ってみましょう。

無駄なオプションやサービスには加入しない

回線料金やプロバイダ料金の他にオプションなどに加入していると、その分の費用もかかってしまいます。

利用していないオプションやサービスに加入している場合には、すぐにでも解除して月々の負担を軽減するようにしてください。

光回線の中には、オプションへの加入を条件にキャッシュバックをプレゼントしているところもあります。

使わないオプションに加入したままになっていると、毎月支払う料金がもったいないので忘れずに解約してください。

月額料金の安い光回線に乗り換える

今使っている光回線の月額料金が高いと感じているのであれば、他社の安い光回線に乗り換えるのがおすすめです。

光回線の月額料金はサービスによって大きく異なりますし、乗り換えで利用できるキャンペーンを活用すれば、料金をかなり安く抑えられるかもしれません。

まとめ

光回線の料金相場や料金を安く抑える方法について解説しました。

より安く快適にインターネットを利用したいと思っている人は今回の記事を参考に光回線を選んでみてください。

何となく選ぶのではなく、1つ1つの項目を確認しながら選ぶことで後悔のない選択ができるでしょう。

オススメ関連記事