アパートに光回線のインターネットは通る?工事済みか確認する方法を解説!

自宅に光回線を導入して快適なインターネット生活を送りたいと思っても「アパートだから工事ができない」と諦めている人も多いかもしれません。

しかし、条件さえ揃えば光回線を導入することは可能です!

そこで今回はアパートに光回線が導入できるのかという疑問について詳しく解説していきます。

建物や部屋が光回線の工事済みかの確認方法についても伝えていくで〜!

目次

アパートの光回線導入状況は3つのパターンに分かれる

まずは、アパートにおける光回線の導入状況のパターンについて理解していきましょう!

主なパターンは以下の3つです。

  • アパート・部屋に光回線が導入されている
  • アパートのみ光回線が導入されている
  • アパート・部屋に光回線が導入されていない

それぞれのパターンについての説明をしていき、光回線を導入する場合にすべきことを詳しく解説していきます!

アパート・部屋に光回線が導入されている

1つ目は、アパート及び各部屋まで光回線が導入されているパターンです。

「光回線完備」と書かれた物件だと、このような形になります。

部屋内には「光コンセント」が設置されてあるため、対応する光回線に加入するだけでインターネットが使えるようになります。

こちらの物件にお住まいで光回線を導入する場合は、光コンセントが対応する回線事業者を確認した上で契約をしましょう!

もし導入されている光回線とは異なる光回線に加入する場合(例:「部屋→フレッツ光」でNURO光に加入したい)は、新たに開通工事を行わなければなりません。

アパートのみ光回線が導入されている

2つ目は、アパートの共用部分にのみ光回線が導入されており、各部屋には導入されていない状態を指します。

光回線の開通工事には屋外工事(電柱などから光ケーブルを建物に引き込む)と屋内工事(光ケーブルを各部屋に引き込む)の2つありますが、こちらのケースでは「屋外工事のみ」が完了している状態です。

こういった物件だと「インターネット/光ファイバー対応」といった表記がされています。

光回線を契約するためには、共有部分で導入されている光回線に加入して、屋内工事を済ませる必要があり、それ以外の光回線は導入できません。(※新たに屋外工事が必要)

アパート・部屋に光回線が導入されていない

3つ目は、アパート・各部屋共に光回線が未導入というパターンです。

アパートの建物自体にも光ケーブルが引き込まれていないため、この状態から光回線に加入するためには「屋外工事」「屋内工事」の両方を行わなければなりません。

屋外工事を行う場合、建物の外壁に穴を空ける必要が生じることもあるため、事前に大家さんや管理会社に許可を取ってから申し込んでください。

アパートに光回線が導入されているかを確認する方法

ここでは、アパートに光回線が導入されているかを確認する方法を解説していきます。

主な確認方法は以下の3つです。

  • アパートの大家さんや管理会社に連絡をする
  • 光回線の公式サイトから住所検索をする
  • 部屋内に光コンセントがあるかどうかをチェックする

アパートの大家さんや管理会社に連絡をする

最も手早く確認できるのが「大家さんや管理会社」を頼る方法です。

光回線が導入されているかどうか、上記で解説した3つのパターンのうちどれに当てはまるかがすぐに判明するはずです。

もし光回線が導入されている場合は、どの会社のサービスなのかをチェックしておきましょう。

主に「フレッツ光」「NURO光」「auひかり」のいずれかになるはずなので、どれに対応しているかを把握してください。

アパートに光回線が導入されていない場合は、加入の際に屋外工事が必要となるため、事前に大家さんや管理会社に許可を取るようにしましょう!

光回線の公式サイトから住所検索を行う

光回線の公式サイト内で住所検索をすることで、アパートの光回線導入状況が把握できます。

公式サイトから郵便番号と住所を入力するだけで、自分の住んでいるアパートに光回線が導入されているかがわかります。

アパートによって導入されている光回線が異なるので、まず最初に住所検索を行ってアパートで利用できる光回線の中から選ぶようにしましょう。

部屋内に光コンセントがあるかどうかをチェックする

部屋の中に光コンセントが設置されていれば、アパート・各部屋に光回線が導入されていると判断できます。

光コンセントは以下のような見た目になっているので、部屋の中を探して設置されているかどうかを調べてみてください。

光コンセントはこんなのやで〜

【※光コンセントの画像を配置】

光コンセントが見つかれば、対応する光回線に申し込むだけでインターネットが利用できます。

アパートに光回線を導入するときの注意点

アパートに光回線を導入する際の注意点について解説していきます!

注意点をしっかりと把握した上で光回線に申し込んでくださいね!

大家さんに事前許可を取る

「アパートに光回線が導入されていない」「導入されているのとは違う光回線に加入」といった場合、加入の際に屋外工事が必要となります。

光ケーブルをアパートに引き込むための工事ですが、作業の中で外壁に穴を空ける可能性があります。

そのため、申し込みをする際は事前に大家さんや管理会社の許可を取らなくてはなりません。

無許可で開通工事をしてしまうと、発覚した際にトラブルに発展することもあるので注意しましょう。

必ずしも「マンション」プランに加入する訳ではない

光回線には主に「戸建てプラン」と「マンションプラン」の2つがありますが、アパートに住んでいるからといって必ずしもマンションプランに加入する訳ではありません。

マンションプランを利用するためには、アパートに光回線が導入済みになっている必要があったり、建物内で同じ光回線を利用する人数を集めたりすることが必要です。

そのため、アパート内で自分だけが光回線に契約するといったケースでは「戸建てプラン」に加入することもがあります。

光回線の公式サイト内にある住所検索から、自分が加入するプランを調べることもできますよ!

まとめ

アパートで光回線を利用するには「建物に光回線が導入されている」という条件を満たす必要があります。

光回線が未導入の物件だと加入の際に屋外工事が必要となりますし、大家さんや管理会社の許可が必要となるとハードルも高くなってしまうでしょう

アパートで光回線を使いたいと思っている方は、自宅の光回線の導入状況を調べて、どのような状況になっているかを把握してから加入する光回線を選んでみてくださいね!


オススメ関連記事