Cひかりとauひかり徹底比較|乗り換えるならどっち?料金や速度調査!

今回はCひかりとauひかりを徹底比較してみたいと思います!Nuro光のFVNOとして爆速を誇る「Cひかり」。また、独自光回線網をベースに他社のひかり回線とは一線を画している「auひかり」。乗り換えるならどっちがいいのか迷いますよね。光コラボのサービスとは別のやり方でシェアを広げている2つの光回線の料金や速度を徹底調査しました!

結果から言うと、速度だけで選ぶならCひかりがお勧めやで!でも、一言で「速度」って言うてもいろいろあるんや。それにサービスやプランもよく比較することが大事やで!

目次

Cひかりとauひかり

NTTが提供する光回線のインターネットの商品名がフレッツ光です。NTTが長いこと光回線事業を独占していたので「光回線」と聞くとフレッツ光だと誤解する人も多いようです。

しかし、現在はKDDIが提供する「auひかり」や、Nuro光のFVNOとして爆速を誇る「Cひかり」があります。光回線を選ぶ時に選択できる会社が選べるようになったのはいいのですが、その光回線がいいのか迷いますよね。

そこで、今回は光回線を乗り換えを考えている人に「auひかり」と「Cひかり」にはどんな違いがあるのかをお伝えしたいと思います。

サービス提供エリアの違い

「Cひかり」と「auひかり」の大きな違いはサービス提供エリア域の違いです。

日本中のほとんどの場所で光回線を使ったインターネット通信を行うことが可能な時代ですが、それはどの会社の光回線も利用できるわけではありません。

例えば、お住まいの地域では『A社の光回線は引くことが出来てもB社の光回線は引けない』その反対に『B社の光回線は引くことが出来てもA社の光回線は引けない』という地域が存在します。

光回線の乗り換えを考える時には、お住まいの地域でどの光回線が利用できるのかを把握しておくことが「乗り換え」の第一歩になります。

Cひかりのサービス提供エリア

では「Cひかり」のサービス提供エリアを見てみましょう!

「Cひかり」はNuro光のFVNOです。

エフブイエヌオーって何かしら?

FVNOはFixed Virtual Network Operatorの略で、日本語では「仮想固定通信事業者」と訳されるんじゃよ

FVNOは自身では固定回線のネットワークを持たないで、他の事業者から回線を借りてサービスを提供する事業者のことです。「Cひかり」はNuro光の回線を利用している事業者なので、当然ながらNuro光の回線のサービス提供エリアと同じになります。

実は「Cひかり」のサービス提供エリアは今のところフレッツ光やauひかりのように多くはありません。順次拡大中とのことですが、2021年5月現在のサービス提供エリアは以下になっています。

北海道※一部エリアを除く
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)※一部エリアを除く
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)※一部エリアを除く
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)※一部エリアを除く
九州(福岡、佐賀)※一部エリアを除く

正確なサービス提供エリアに関してはCひかりの公式ホームページを確認してください。提供可能地域でも場所によっては提供されないエリアもありますのでご注意ください。

auひかりのサービス提供エリア

KDDIが提供する「auひかり」のサービス提供エリアはCひかりより広域になります。

「auひかり」のサービス提供エリアはほぼ全国を網羅(一部地域を除く)していますが、やはり一部では「auひかり」のサービスが受けられない地域もあります。

【 auひかりのサービス提供エリア 】

北海道・東北(六県)・関東(一都六県)・甲信越(三県)・北陸(三県)・中国(五県)・四国全域(四県)・九州全域(七県)

【 ※auひかりとしてサービスが受けられないエリア 】
静岡県・愛知県・岐阜県・滋賀県・三重県・京都府・大阪府・奈良県・和歌山県・兵庫県・沖縄県の二府九県

※サービス不可エリアとは書きましたが、これらのエリアはauひかりを提供しているKDDIと密接な関係にある企業が提供していますので、名称が違っても「auひかり」と同じサービスが受けられる場合があります

また、マンションタイプに限ってですが「auひかり」が通じている場所もありますので詳細は「auひかり」の公式ホームページで確認してください。

回線速度の違い

「Cひかり」と「auひかり」回線速度の違いについて比べてみましょう!

光回線には回線速度に違いがあります。よく「○○は速い」、「○○は遅い」という言葉を耳にすると思いますが、それは一口に光回線と言っても各社100Mbps~20Gbpsまでいろいろなメニューを提供しているからです。

Cひかりの回線速度

「Cひかり」は爆速光回線として有名なNuro光のFVNOでサービスを提供しているため、そのポテンシャルはNuro光とまったく同じサービスを受けることができます。

下り(最大)2Gbpsになります。

他の会社の回線の多くは1Gbpsよね。
Nuro光は一般的な光回線の2倍の通信速度ってことになるわね。

CひかりはのNuro光の回線を利用しているので同じく下り(最大)2Gbpsになります。

ただし下り「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度なので、使用する個々の端末機器までの通信速度は下り「2Gbps」は出ません。

ただし、これはNURO光に限った事ではなく、すべての光回線でカタログに記載された速度を出すことはできません。

auひかりの回線速度

「auひかり」はKDDIが自ら持つ通信設備と、NTTの通信設備を使ってサービス提供を行っているため、回線速度は地域や契約タイプによって選択肢が変わります。

全国共通のauひかりホーム1ギガだと下り(最大)1Gbpsになります。

ただし「auひかり」には関東の一部限定(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア)で戸建てタイプに5G・10Gbpsの高速通信サービスがあります。

「Cひかり」は爆速回線として有名やけど、「auひかり」も回線速度の評判はええんやなぁ。

Cひかりとauひかりの性能比較

それでは次に「Cひかり」と「auひかり」の性能を比較してみましょう。

Cひかりauひかり
上り回線速度(標準プラン)最大値1Gbps1Gbps
下り回線速度(標準プラン)最大値2Gbps1Gbps
伝送方式GPONGEPON
使用回線Nuro光が提供する光回線網自社及びNTTの光回線網
最高速プラン(オプション)なしあり(10Gbps 一部地域に限ります)
提供エリアNuro光提供エリアに順ず全国(一部地域を除く)
解約方法Cひかりに連絡契約プロバイダーに連絡
セキュリティカスペルスキー(月額550円)プロバイダー付属もしくは自己購入
無線LANありあり

回線速度に関しては2社とも自信をもっていますので大きな差は見受けられませんが「Cひかり」の標準タイプが(下り最大)2Gbpsというのはやはり魅力があります。

両方とも速い光回線なのは分かったけど、もう少し詳しく知りたいな。

Cひかりの回線速度について

「Cひかり」の回線速度が下り速度が2Gbpsと紹介しましたが、他社のサービスの多くが1Gbpsです。

爆速回線として有名なNuro光のFVNO回線なのでこの速度を提供できるのですが、ではなぜNuro光が爆速なのでしょう?

ひかり回線は1Gbpsが基本?

NTTのフレッツ光をベースにした光コラボレーションでの光回線は、ほとんどが1Gbpsを基本にしています。(現在は一部地域で10Gbpsサービスが可能)

それはNTT独自の事情で1Gbpsを超えるサービスが出来ないことによるものでした。

ところが、Nuro光はこのNTTの事情に左右されることなく「独自にサービス内容を決め事業展開」してきました。その結果が基本ベースが2Gbps、最大は10Gbpsという高速サービスだったのです。

auひかりの回線速度について

「auひかり」もNuro光同様にNTT独自の事情にはあまり振り回されずに事業展開していますが、基本ベースは1Gbpsです。これは伝送設備タイプが1Gbps用によるものです。

ただ、「auひかり」の独自回線が関東地方にのみ敷設されていて5G、10Gbps用の伝送設備が構築できている地域があります。まだまだ限定的ですが、Nuro光同様の超高速回線サービスが提供されています。

「Cひかり」と「auひかり」乗り換えるならどっち?

「Cひかり」も「auひかり」もそれぞれメリット、デメリットを抱えていますが、今お使いの光回線から乗り換えるとしたらどちらがいいのでしょう。

乗り換えのポイントとは

光回線をお使いの方が乗り換えを考える場合、その理由の多くは【回線速度への不満や不信】が挙げられています。

光回線が普及すればするほど、より高速化や安定性を求めているユーザーが増えてくるのは当然です。実際にインターネットを使用した時に速度が遅くなると光回線と言えどもイライラが募ります。

やっぱり光回線の乗り換えを考える時って、今よりもっと速い回線速度にしたいって人が多いんじゃないかな!

回線速度で選ぶなら

「Cひかり」を提供できないエリアのユーザーに向けては何も言えないのですが、もし「Cひかり」も「auひかり」もどちらも選択可能な場合は是非こちらを参考にしてみて下さいね。

ー提供回線速度比較ー

Cひかりauひかり
上り回線速度(標準プラン)最大値1Gbps 1Gbps
下り回線速度(標準プラン)最大値2Gbps1Gbps
戸建てタイプ最大値(地域制約あり)2Gbps(10Gbps)
マンションタイプ最大値(地域制約あり)2Gbps(1Gbps)
2021年5月現在

回線速度に関しては2社とも自信をもっていますので大きな差は見受けられませんが「Cひかり」の標準タイプが(下り最大)2Gbpsということ、「auひかり」戸建てタイプに10Gbpsのメニューがあることは特筆できるかもしれません。

また、マンションなどの場合はもともと建物に敷設されている光回線の問題で「Cひかり」「auひかり」のどちらも使えないこともあるようです。ここはオーナーさんや管理会社に確認が必要ですね。

キャンペーン内容で選ぶなら

回線速度よりやっぱりお得なキャンペーンがある方がいいって人もいるんじゃない?

光回線を選択しようする時には【キャンペーン】や【返金】などのサービスも大きな判断材料になります。

”お得”なことに越したことはありませんよね。

ただ、キャンペーンなどは時期によってあったりなかったりしますので単純には比較できません。内容的にも細かい制約や条件などがありますので、数字だけで飛びつくのもリスキーだったりします。

実際のキャンペーン内容等については各社のHPなどでしっかり確認するようにしましょう。

ーキャンペーン一覧ー

Cひかりauひかり
キャッシュバックなし~55,968(最大)
初期登録費用無料なし
(開始初月のみ利用料金無料制度
にて実質無料)
あり
工事費無料なしあり
他社違約金負担~50,000(最大)~30,000(最大)
2021年5月時点での情報です。

「Cひかり」と「auひかり」の各種料金を比較

「Cひかり」と「auひかり」の各種料金を比較してみましょう!

Cひかり
(プロバイダー料込み)
auひかり
(au one netの場合)
月額利用料(税込)初年目5,4785,610
2年目5,4785,500
3年目以降5,4785,390
新規登録料3,3003,300
ひかり電話(月額)550550
ひかりTV(月額)550(使用料)550(使用料)
スマホ割(月額1台あたり)~1,000550~1,100
工事費44,00041,250
解約違約金22,000~16,500
回線撤去費031,680
戸建て標準タイプの場合(税込)

実行速度を比較

光回線の実行速度は千差万別です。

下り1Gbps の回線であっても諸条件によっては10Mbps程度、あるいはもっと遅くなってしまうこともなくはありません。

マンション等の場合は多数のユーザーと回線を分け合うので混雑で遅くなったりするんや。

書き込みなどの情報を見ていると、下り実行速度で数百Mbpsの数値があれば爆速感を得られているようです。

Cひかりの速度の口コミ評判は?

ネット上での「Cひかり」の口コミ評判にはこんな声があります。

マルチセッション & JavaScript対応 -β-で、地域を指定してもやってみた。 上り回線が早い Cひかりのこういった情報が少ないんでツイートしときますね

今度、家のネット回線がドコモ光からCひかりになるらしいの。NURO光の回線借りてるらしくて速度は期待出来そう!

ようやくnuro光の導入工事終わって早速付属のLanケーブル使って速度チェックしたら、噂に違わぬ速さで大満足だわ

全体的に満足する情報が多いのですが、地域や時間帯によっては遅くなることも多いようです。特にマンションなどではnuro光forマンションの回線速度が遅くて「なんのためにマンションの無料回線と別で回線引いたんだろ」という声もありました。

auひかりの速度の口コミ評判は?

「auひかり」は事業エリアも広く、タイプも多岐に渡るのでさまざまな情報が飛び交います。ただ、そのような中でも総合評価としての評判はどうなのでしょう?

色々調べたけど回線の速さは 1位NURO 2位auひかり 3位So-netひかり みたいだよ。 独自回線の上位2つは混雑が少ないから最高速度落ちないらしい。 オンラインゲームはやはり回線に依存するよなー

ぐるぐるからの脱却!これをサクサクと言うのね〜♡ 通信回線の速度300だってauひかり神だ~!!これで配信が見れる~♪♪

実行速度は以外に遅い?

「Cひかり」も「auひかり」も独自回線を売りに快速、快適なインターネット回線を目指しているとは思います。ですが、いろいろと情報を見ていても、1Gbps、2Gbpsの回線なのに実際は300Mbpsや800Mbpsなどの数値だったりします。

これは遅いんじゃない?と思ったりしましたが、実はこのくらいの速度でも充分に高速なのかもしれませんね。

光回線のみならず、世のブロードバンド通信はベストエフォート型サービスです。また、時折起きる通信障害など不測の事態等も考え合わせると常時1Gbpsを超えるようなウルトラ爆速通信はまだ先になるようです。

まとめ

「Cひかりとauひかり徹底比較|乗り換えるならどっち?料金や速度調査!」をまとめました。

料金や速度から「Cひかり」「auひかり」を比較してみました。

総じて言えるのは「Cひかり」は2Gbpsの高速プランを全面に単純な料金プランで”分かりやすい光回線”を目指しているということでしょうか。

また、「auひかり」は独自回線を中心に全国へサービスを展開し、5G・10Gbpsのプランも徐々に広まりつつあるということなどが分かりました。

光回線を乗り換える時、どちらのサービスを選ぶかはそれぞれだと思いますが、それぞれのサービスや回線速度についてよく理解した上で乗り換える光回線を選択しましょう!

オススメ関連記事