【得はどれ?】光回線料金で損しない支払い方法を伝授します!

得はどれ?光回線料金で損しない支払い方法

「光回線の支払い方法って何が使えるの?」と気になったことがある人もいるでしょう。

実は光回線料金の支払い方法によって得をしたり、損をしたりするって知っていましたか。

何気なく選んでいる支払い方法ですが、それぞれに特徴があるので理解をした上で選んでみてください。

今回はそんな光回線料金で損しない支払い方法を解説していきます。

目次

光回線の支払い方法は主に3つ

光回線の支払い方法は主に以下の3つがあります。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 請求書払い

では、それぞれの支払い方法の特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

クレジットカード

クレジットカードを光回線の支払い方法に設定すると以下のようなメリットが得られます。

  • ポイントが貯まる
  • 他の料金とまとめて支払いができる
  • 家計の管理がしやすい

クレジットカードの利点はやはりポイントが貯まる点にあるでしょう。

光回線の料金に対して1%前後のポイントがもらえるので、使えば使うほどお得になります。

さらに、光熱費やスマホ代、日常生活でのお買い物など、さまざまな料金をカードで支払えば、各請求をまとめて支払えるので非常に楽です。

利用明細をチェックすれば何にいくら使っているのかも把握できるので、家計の管理も把握しやすいでしょう。

ただ、クレジットカード払いにも以下のようなデメリットがあります。

  • 利用可能枠を超えると決済ができない
  • カード情報が変更になった時などに注意が必要

クレジットカードには利用可能枠が設定されていますが、光回線の料金が決済される段階で上限を超えていると支払いが行えなくなってしまいます。

支払いが正常に完了しなければ、光回線料金は「未納」となってしまうため、サービスの利用が停止する可能性もあるので注意してください。

また、カードの有効期限切れなどで更新した際は、速やかに支払い方法に設定しているカード情報を新しいカードに変更しましょう。

口座振替

口座振替は毎月決まった日に登録した銀行口座から料金が自動的に引き落とされるという支払い方法です。

クレジットカード払いは確かに便利ですが、カードの発行には審査が必要になるため誰もが使える支払い方法とは言えないでしょう。

銀行口座であれば誰でも作れるので気軽に選べる支払い方法と言えますね。

メリットとしては下記の通りです。

  • 払い忘れの心配がない
  • クレジットカードがなくても使える

しかし、デメリットもあるので注意してください。

  • 残高不足だと支払いが完了できない
  • 手数料が発生する場合もある

口座の残高が不足していると料金の支払いができず延滞扱いになってしまうので注意しましょう。

請求書払い

請求書払いは光回線側から自宅に請求書が送付され、書類の案内に従って料金を支払っていく方法になっています。

一般的には請求書をコンビニや金融機関などに持っていき、支払い手続きを行うという仕組みになっています。

メリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 支払いのタイミングを自分で選べる

クレジットカードや口座振替とは異なり、料金を支払うタイミングが自分で選べるので、期限内であれば懐具合と相談しながら調度いい時期に支払いができます。

ただ、デメリットが多い支払い方法でもあるため、他の2つと比較してあまりおすすめはできません。

  • 手数料がかかる
  • 払い忘れのリスクがある

自分で料金を支払いに行かなければならないので、払い忘れて延滞する可能性があります。

光回線の支払いが遅れるとどうなる?

光回線料金の支払いが遅れるとどうなるのかについて解説していきます。

料金の支払いを延滞すると結構大変な事態に発展することもあるので、あまり軽く考えないようにしましょう。

ネット回線が利用停止になる

まず料金の未納状態が一定期間継続すると、ネット回線サービスが一時的に停止され利用できなくなってしまいます。

利用停止になるタイミングは光回線によっても異なりますが、支払い日を1日でも過ぎたらすぐに利用停止になるというよりは、ある程度の猶予が与えられるようです。

ネット回線が利用できなくなると非常に不便なので速やかに支払うようにしてください。

支払いが行わなければ強制退会も

未納状態が長期的に続いてしまうとサービスを強制退会させられてしまいます。

利用停止になっても期限内に料金を支払えば復旧が可能ですが、強制退会になってしまうとたとえ料金を支払ってもネット回線を使うことができません。

また、強制退会になったからといって料金の支払いがチャラになるわけではなく、依然として請求は続いていきます。

クレジットカードで光回線料金を支払うときのポイント

ここまでの内容から光回線料金の支払い方法としておすすめなのは「クレジットカード」と言えるでしょう。

ポイントも貯まりますし、家計の把握も簡単で支払いも自動化できるなど、さまざまなメリットが得られます。

では、クレジットカードで光回線料金を支払い時のポイントを解説していきます。

利用可能枠に注意する

クレジットカードの利用可能枠を超えてしまうと料金の支払いができなくなってしまいます。

日常生活でカードの利用頻度が高い人は、お買い物と固定費の支払いでカードを分けるなどして、上限オーバーを防止してください。

更新やカードの切り替えのときに注意する

カードの更新時や別のクレジットカードに切り替えた際、光回線の支払い方法として登録しているカード情報を速やかに新しいカードに変更するようにしてください。

古いカードが使えなくなってしまうと、料金の支払いが正常に行えません。

料金を延滞してしまうと利用停止や強制退会など、さまざまなりスクがあるのでカード変更の際には、支払い方法の変更を忘れずに行いましょう。

まとめ

光回線料金の支払い方法について解説していきました。

基本的に「クレジットカード」と「口座振替」の2択で選ぶ形になると思いますが、やはりポイントが貯まるなどのメリットが多いクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードを持っていない、発行できない場合には口座振替を利用するようにしてください。

支払い方法だけでもメリット・デメリットがさまざまあるので、きちんと把握して自分に合うものを選んでみましょう!

オススメ関連記事