Nuro光は戸建て2階まで快適にするには有線とルーターどっち?

今回は戸建て一軒家で2階までインターネットを接続する方法について解説します。 1階にルーターがある場合、2階に行くと電波が悪くておもうようにインターネットを楽しめない…ということがよくあります。

2階までWi-Fi電波が届かなく、スマートフォンのギガ数を増やそうなどと検討されている方もいるのではないのでしょうか。

そこで今回はNuro光の場合、無線LANで繋げればいいのか有線で接続すればいいのか回答していきます。 いろいろな方法があるので自分に合うものを探してくださいね!

目次

Nuro光は無線LANルータを無料でレンタルが!!

無料なのは太っ腹やな!!嬉しい特典やで〜!

Nuro光のONUには無線LANの機能が無料でついてきます。 なのでわざわざ無線LANを購入しなければならないという心配はまずいらなくなります。

ですが、接続できる周波数や2階までに電波が届かないという場合もありますのでその時の対処法を解説していきますね!

周波数の種類について

無線の周波数は5GHz帯と2.4GHz帯の2種類あります。

5GHz帯のメリットは、Wi-Fi専用の電波のため他の家電からの電波干渉を受けることなく利用できます。壁などの障害物があると弱まりやすい点はデメリットはあります。

2.4GHz帯は壁や床などの障害物にも強いため電波が遠方まで届きやすいです。その代わり家電などの電波干渉を受けやすいです。

電波が安定する5GHz帯がおすすめですが電波が届かないようであれば2.4GHz帯を利用するなど使い分けが大事になってきます。

電子レンジの使用中に無線接続を試してみると本当にWi-Fiが切れるので、気になる方は試してみても面白いですよ!

中継器の利用

中継器とは1階にある無線の電波を2階に設置したもう一台の無線LANルータでキャッチした電波でまた無線接続する機能です。

前項で説明した5GHz帯でも安定して利用できるメリットがありますが、もう一台無線LANルータを用意しなければならないコストが発生するので2階でも5GHz帯を利用したい方におすすめです。

設定が面倒そうにみえますが、WEBなどの説明動画見るだけで簡単にできます!

※注意点 中継器機能がない無線LANルータもあるので購入するときは気を付けましょう!

2階まで有線でつなぐには?

2階までに有線でLANでつなぐには長いLANケーブルを購入して2階までつなげるわけではありません!

代表的な配線のパターンは2つあり、屋外からLANケーブルを引く屋内からLANケーブルを引くです。

一般的に多い方法としては屋外から配線する方法のようです。 配管の有無しでも工事費は左右されるようですが、多くて9万円ぐらいの工事費が発生するようです。

それでも接続の安定性は有線の方が安定します!

※補足 LANケーブルにはストレートケーブルとクロスケーブルがあります。 PCとルータを繋ぐ際はストレートケーブルとなるので購入の際は注意です。 

これから家を建てる人は配管通しておいた方がよさそうやな

Nuro光を有線で使うメリットは?

ONU自体で無線LANが可能となるため、基本的には有線接続する必要なくインターネット利用ができるものの、当然無線接続よりも有線接続にするほうがメリットとなることがあります。

それは、

・通信速度が速い
・通信が安定する

の2つです。先程お伝えしたように無線接続は壁や電磁波などの干渉を受けてしまうため、通信が安定しなかったり本来出る実値速度が出ずに通信速度が遅くなったりすることがあります。

これらの点においては有線接続のほうがメリットがあるといえますね!

有線接続と無線接続どちらにもいいところ悪いところがあるということやなっ!

結論

コストをかけても通信を安定させたいのであれば、屋外もしくは屋内からLANケーブルを引き接続させて有線で利用した方がいいです。

そこまでコストをかけたくないのであればNuro光であれば無料でも2階まで無線接続はできます。

あとはネットを使う量に合わせて無線で接続か有線で接続をするのか検討してみて下さい!動画やゲームを2階でする場合は有線接続を検討したほうがいいでしょう。

個人的には、家でネットを利用するといっても調べものや動画を見るぐらいなので中継器があれば十分かなと思っています。

ただし、自宅を購入している方であれば2階までLAN配線すべきかなと思っています。たとえば2階には子供部屋があったりすると思います。勉強でPC使う時代なので出来る限りの準備はしてあげたりするとよりよい環境作りになるかもしれませんね!

オススメ関連記事