【工事ができない】Nuro光をマンションで使うなら許可が必要なケースも?

マンションにお住まい、これから住む予定の方で、高速回線で安価なNuro光を利用したいと思う方も多いと思います。

しかし、マンションにNuro光を導入する事ができるのか気になりますよね!
光回線を申し込んでから工事ができないのでNuro光を導入が不可になった場合とても困ります。

今回はマンションでもNuro光を導入するのは可能か、更に光ファイバーを通す際に工事で気を付ける事はなにか徹底調査をしていきましょう。

目次

マンションにNuro光回を導入する事は可能?工事の許可は必要?

マンションでもNuro光を導入できるん?

もちろん、マンションでもNuro光を導入する事は可能です!
しかし、条件があるので確認していきましょう。

住んでる地域がNuro光対応エリアでないと導入不可

まず始めに自分の住んでいる地域がNuro光が対応できるのか確認してみましょう。

北海道 石狩市、小樽氏、江別市、札幌市、恵庭市、千歳市
関東エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県
東海エリア 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西エリア 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
中国エリア 広島県、岡山県
九州エリア 福岡県、佐賀県
2021年2月時点でのNuro光対象エリア

※一部地域対応不可

Nuro光は対応エリアが決まっていますので、申し込みたいと思ったらまずは自分の住んでいる地域が対応エリアなのか確認しておきましょう!

工事には許可が必要

Nuro光の対応エリアである事が第一に重要になりますが、マンションは集合住宅です。

建物に穴を開けたりと工事が必要になります。
オーナーにとっては、建物に傷がつく事工事による他の住民に迷惑を掛かってしまうのでないかと不安になってしまうのです。

その為、オーナーには不安を解消できるような説明が重要となります。
説明で重要なポイントを3点にまとめましたので確認してみましょう!

○工事の内容を理解する
小さな穴があける必要がありますが、基本的に配線を回す取り付けします。

工事よりは作業に近いので騒音の心配はないと思います。

○管理者の立ち合いも可能
配線工事にはオーナーの立ち合いも可能です。

立ち合いできるならオーナーも安心やな!

○退去字には必ず撤去する事
Nuro光の工事に依頼をすれば小さな穴などの壁の傷を補正して頂けます。

オーナーが心配する傷についても不安が解消されますね!

このようにオーナーは”工事”する事で不安を抱えます。
必ず申し込む前にオーナーに許可をもらいましょう。
その為には、しっかりと工事の内容を理解する事が1番です。

Nuro光をマンションに導入方法

マンションでNuro光を導入する際にはどうするん?

マンションでNuro光を導入する際には、適したプランがあります。
早速詳しく調べていきましょう!

Nuro光の設備が導入されている場合

もしお住まいのマンションにNuro光の設備がある場合は「Nuro光forマンション」のプランでの契約になります。

Nuro光forマンション 利用開始までの流れ

既に設備があるので、開通までの期間も速く、料金も安いのが魅力的です。
また、部屋の住民がNuro光を利用して設備がそのままの場合は工事がほとんどなくなる場合があります。

しかし、共有部分までしか回線が回っていない場合は、更に回線を回す工事が必要になりますので予め確認しましょう。

Nuro光の設備が導入されていない場合

Nuro光の設備が導入されていない場合は「Nuro光(G2T)」のプランになります。

Nuro光(G2T) 利用までの流れ

Nuro光(G2T)プランは、外部から配線を自宅へ回します。
しかし、Nuro光forマンションと違って料金が高く、二回工事(宅内工事、屋外工事)があるため開通に1〜3ヶ月とすぐに利用する事ができません。

しかし、こちらのプランは一人でも契約ができ、他の住民と光回線を分散しなくて済むので、速度が速いのがメリットです!

また、追加料金5,000円で二回の工事を一度で終わらせる方法もあります!
料金は更にかかってしまいますが、手間を省きたい方にはお勧めします。
※土日工事の場合は、更に料金上乗せされます。

Nuro光が導入されていないマンションでも「Nuro光forマンション」プランは利用可能??

「Nuro光forマンション」プランの方が安いので、対応していないマンションに導入できるのか気になりますよね。

So-netがオーナーに交渉をしてくれますが、「4人以上の利用希望者がいる事が条件」であるためハードルがとても高いのです。
もし仮に導入できたとしても、誰かが解約し4人未満になってしまった場合は全員強制解約となってしまうので、建物にNuro光が導入されていない場合は通常プランがオススメです。

Nuro光の設備が導入されてなくても、Nuro光を利用できるやん!
せやけど、Nuro光(G2T)プランがオススメやね!

しかし、Nuro光を導入する際は注意点は必要です。
しっかりと確認していきましょう!

工事ができない理由とは?

マンションにNuro光が導入してなくても、これでNuro光申し込めるやん!

まだ早いですよ!
導入する為の工事ができない場合もあるので、しっかりと確認していきましょう!

マンションから電柱までの距離が遠い場合

外部から配線を回す為、近くの電柱から引く事になります。
どれくらいの距離か決まりはなく、業者が現地で判断します。

また、電柱が国道や川を挟んでいる場合は国の許可が必要です。
建物から電柱が遠い場合や国からの許可が下りなかった場合はNuro光の導入はできません。

私有地に光ファイバーを通さなければならない場合

建物の都合上、私有地に光ファイバーを通さないといけない場合があります。
その土地の所有者の許可をもらえれば光ファイバーを通す事ができます。
しかし、その土地の所有者を見つけるのに時間がかかってしまう場合もありあす。

電線が地下に埋められている場合

地下に光ファイバーを通す場合、専用の道路を利用します。
しかし、専用の道路を利用すると料金が高くなり工事ができない事もあります。

現地での判断になりますが、地下に通す場合はできない可能性もあると頭に入れとくといいですね。

オーナーから許可もらっても、工事ができんこともあるんやな、、、

立地の問題もあるますので、申し込む際には予め確認すると安心ですね。

まとめ

回線速度が速く魅力的なNuro光は、マンションでも導入する事ができる事が分かりました。

しかし、マンションに導入する事は簡単な事ではありません。
様々なところで許可が必要になってきます。

Nuro光を申し込む前
工事が必要なので、オーナーの許可が必要

工事の時
・建物と電柱の間に河川や国道が挟んでいる場合は国の許可が必要
・私有地を光ファイバーを通す際には土地の所有者からの許可が必要

光回線を導入する事は、条件によっても不可になってしまう事もあります。
その為、しっかりと確認する事で問題を防ぐ事ができます!
また、どのような工事が行われるか、オーナーに説明ができるように内容を頭に入れておきましょう。

高速回線を誇るNuro光を様々な許可や条件をクリアして導入しましょう!

オススメ関連記事