光回線工事ビス止めしない方法とは|賃貸で穴あけは困る!

最近では、工事なしで使えるマンションやアパートも増えているものの、光回線といえば工事がつきもの。というイメージが強いですよね。実際にまだまだ工事が必要な光回線サービスがほとんどなため、「光回線工事」について意外とネックになりやすいことばかり…。

そこで今回は光回線工事の中でも特にネックとなる「ビス止め」についてを中心にお伝えしていこうと思います。工事をするのはいいけど、賃貸だと穴あけとかされたら困る!というケースも多いですよね。

では、どのようにすればビス止めをせずに済むのか?について解説していきたいと思います!

賃貸に住んでると退去時に穴あいてるだけで数万円!?みたいなことになってまうらしい…
ビス止めせずに済むんやったらそれが一番最高やで!

\今なら45000円キャッシュバックも!!/

目次

ココが問題!光回線工事の難点「ビス止め」

まず、光回線工事のビス止めについてどのようなケースがあるのか?をお伝えしていきます。基本的には光回線のケーブルを室外から室内に通す時に壁に穴をあけてビス止めする必要があります。

賃貸の場合は大家さんに許可を得る必要があることが多いです。確認せずに勝手に工事をするのはかなり危険です。最悪の場合退去時に高額請求される可能性もありえますので必ず事前に確認するようにしましょう。

“家の壁に穴を開ける”というのは大きなトラブルに発展しやすいのでご注意を!

では、実際に光回線工事で室内に光回線ケーブルを引き込む場合に何が必要なのか?ですが

・室外での光回線工事
・室内での引き込み工事

の2つの工事が必要になります。

室外工事は電柱の電線などから家や部屋まで線を引っ張って来る工事、室内工事は引っ張ってきた線を部屋内でコンセントなどに取り付ける工事となっています。

Nuro光では工事の内容をわかりやすく動画でまとめてくれていますのでこちらをご確認ください!

この動画からNuro光の開通工事の流れが良くわかると思います!ただ、この動画を見ても今回の記事で一番知りたい「ビス止めの有無」に関してはわかりませんね^^;

ただ、引き込みする方法が3種類あげられていました。

  1. 電話線等のすでにある配線管を使う
  2. エアコンダクトを使う
  3. 新しく穴をあける

この3つのパターンだと確実に穴を開けられてしまうことになります。

また、光キャビネットが備わっていないアパートなどでは部屋に入れる前の段階から外壁にキャビネット設置をする際にビス止めが必要となるケースも多くあります。

では、光回線工事でビス止めをしない方法はあるのでしょうか?

2回も工事せなあかんし、ビス止めせなあかんし…やったら結構たいへんでいややで!?ってかた安心してや!笑

光回線工事でビス止めしない方法はあるのか

結論からいうと、要相談ではあるものの工事内容でビス止めをせずにできる可能性も十分あります。

屋内工事と屋外工事の2種類の工事についてお伝えしましたが、基本的にはどちらでもビス止めの可能性はあります。ですが多くの場合は屋外工事の際に必要となります。

主にビス止めが必要となるのは

・光キャビネットが未設置もしくは配電盤が未設置の場合
・引き込みする際に距離が遠い場合
・ケーブルを固定する方法が他にない場合

です。

ビス止めの多くはケーブルを固定する際に利用することがほとんどです。

え、、、ほんならビス止め回避は無理なんか!?

ビス止め回避の方法ももちろんあります!

両面テープで固定してください!

と頼むことです。最近では工事に来た作業員に両面テープで固定してほしいと頼むことによってビス止めをせずに済む例が増えています。

また、実はそもそも先程のビス止めが必要なパターンも年々減ってきていると言われています。新しく建てられているアパートなどであればインターネットを最初から導入していたり、導入しやすく設計されていることが多いためです。

古いアパートで光回線工事となる場合はしっかりと作業員に確認をしましょう。また、。ビス止めが必須となる場合は必ず大家さんやオーナーに許可を取りましょう。

まとめ

今回は光回線工事の「ビス止め」を中心にお伝えしました。

結論、ビス止めが必要を言われた場合は”両面テープで固定してください!”と頼みましょう。Nuro光の場合は2回の工事が必要となりますがビス止めがいらないケースが多いのでNuro光がおすすめ!

\今なら45000円キャッシュバックも!!/

オススメ関連記事