【解決策】光回線戸建ての引き込み工事ができない!配線トラブルの対処法はある?

一戸建てに光回線を導入しようと思ったら「引き込み工事」ができない!となれば
困った限りですよね…。

快適なインターネットライフで動画をサクサク視聴しようと思っていたのに
工事ができないなんて想像もしていなかったと思います。

この記事では、光回線の一戸建てのトラブル事例や、対処法についてご紹介していきます!

目次

一戸建てで光回線の工事ができない理由は?

電柱までの距離が遠い

基地局から電柱を使用して光回線は整備されています。この電柱が重要であり、自宅から電柱までの距離が遠すぎると光回線を設置することができないのです。

光回線は有線であるため、物理的な線を這わせる必要があります。電柱は30m程度で設置されており場合によっては50m程度の離隔距離があることもあります。

この間を光回線も通っていますので、それ以上の距離となると光回線が垂れ下がってしまったり、光回線そのものの強度の理由などから自宅まで引き込めないケースがあります。

電柱が近くにない場合は工事できないんか…

また、国も地方自治体に対して交付金を用意して事業進捗に貢献している背景もあり、幹線道路などでは電線共同溝が設置されて無電柱化計画が進んでいるところもあります。

このような地域では、電線共同溝の桝より地中から引込管路を宅地内に引き込む必要が出てきます。

光回線対応外エリア

離島などは光回線の整備が遅れているところがあります。そのことから、離島などの僻地は回線エリアに入っていないことがありますので、そうなると光回線サービスをそのものが受けられないケースがあります。

自宅の近くに基地局がない

離島に限らず、地方部などにおいては、自宅付近に光回線の基地局がない場合があります。その場合は、基地局から電線を介して光回線を設置できないこととなります。

また、基地局があったとしても自宅から遠く離れている場合では、回線速度に影響が出てしまって遅くなることもあります。このように、せっかく光回線を設置しても本来の性能を享受できない可能性もあります。

一戸建ての配線トラブル対処法は?

一戸建てで配線トラブルがあり設置できなかった場合の対処法をご紹介していきます!

別の回線を検討する

まずは別の回線で導入できないか確認してみましょう!

光回線は、

・「NTTフレッツ光回線」
・「独自回線」(NURO光やauひかり)
・「電力会社系回線」

の3つに大きく分かれています。

それぞれの光回線によって提供エリアも異なっていきます。

それでもダメなら代替インターネット回線を検討する

色々な手法を検討した結果、どうしても光回線が引き込めないこともありますよね。
その時は、代替でインターネット回線を確保することを検討してみてください。

例えば、置き型Wi-fiやポケットWifiなどがあります。

ただ、
無線回線ですのでどうしても有線と比べると通信速度が劣るのは否めません。

無線やとしてもWi-fi環境は構築できるねんから

しかし、無線であってもWi-fi環境は構築できますので、是非とも検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

提供エリア内だとしても、光回線を導入できないケースもあります。

その場合は、今は置型Wi-fiだったりポケットWi-fiという便利なものがありますので
ぜひ代用として検討してみてくださいね!

オススメ関連記事