【対応策】光回線が通ってない地域の解決策を5選伝授!

光回線通ってない地域

「光回線を使いたいと思ったけど回線が通ってないから加入できなかった」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

地方の田舎に移住をしたり、仕事の関係で引っ越したりした方で、光回線が通っておらず自宅にネット環境を引くことができない人もいるはずです。

家でオンラインゲームをプレイしたり、動画を視聴したりするのが趣味だった人にとっては非常に困った状況ですよね。

そこで今回は光回線が通っていない地域の解決策を5つ紹介していきます

目次

1.光回線が通っていない地域はどれぐらい?

代表的な光回線でもある「フレッツ光」は、全国各地にサービスを提供しており、日本のどこにいても加入できるようになっています。

人口カバー率は95%と言われており、日本に住むほとんどの方がフレッツ光を利用できる環境にあるということです。

しかし、残りの5%の人はフレッツ光に加入できないことになります。

単純計算でも約600万人がフレッツ光に加入できないと考えると、結構な数に思えてきますよね。

田舎や離島への移住をする場合など、フレッツ光のエリア外になる可能性があるので注意しなければなりません。

日本の通信インフラを支えるNTTほどの企業であっても、田舎すぎる以上は設備投資の費用対効果が低いため、採算が取れない地域は光回線が通すのが難しくなるでしょう。

引っ越しや移住などをお考えの方は、住む場所で光回線が通っているかどうかを事前に把握しておきましょう。

2.光回線が通っていない地域の解決策5選を紹介

ここでは、光回線が通っていない地域の解決策を5つ紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の5つです。

  • フレッツ光以外の光回線をチェックする
  • モバイルWi-Fiを使用する
  • ホームWi-Fiを使用する
  • スマホ回線を使用する
  • ケーブルテレビ回線を使用する

フレッツ光が使えなくても代わりの方法があるので、1つずつ検討してみてください。

①フレッツ光以外の光回線をチェックする

光回線は「フレッツ光」だけでなく、独自に回線設備を所有している「auひかり(KDDI)」や「NURO光(So-net)」があります。

その他にも、地方の電力会社系列の企業が運営する光回線もあり、それぞれのサービスで提供エリアが異なるため、フレッツ光が通っていなくても光回線に加入できる可能性があります。

ただし、NURO光に関しては都市部を中心に提供している光回線でもあるため、地方の田舎だと利用できない可能性が高いです。

それでも、auひかりや電力会社系の光回線ならエリア内に含まれているかもしれないので確認をしてみましょう。

②モバイルWi-Fiを使用する

光回線が通っていない場合はWiMAXなどのモバイルWi-Fiの利用も検討してみましょう。

例えば、WiMAXは「WiMAX回線」と「LTE回線」の2つを使用しており、それぞれ対応エリアが異なるため、光回線が通っていなくても利用できる可能性があります。

WiMAX回線も人口カバー率の高いサービスですし、LTEはスマホ回線として使われているサービスでもあるため、山間部などでも繋がりやすいのが特徴です。

速度制限などのデメリットはありますが、家でも外でもネットが使えるといったメリットもあるので検討してみてください。

③ホームWi-Fiを使用する

「ソフトバンクエアー」やドコモの「home 5G」といったホームWi-FIを利用するという方法もあります。

工事不要で利用開始できますし、無線での接続ができるためスマホやタブレットなどさまざまな機器でネットに接続ができます。

ソフトバンクエアーであれば「ソフトバンク回線」を使用していますし、ドコモなら「ドコモ回線」となっているため、フレッツ光とは提供エリアが異なります。

スマホ回線はフレッツ光と同じように人口カバー率の高い回線でもあるため、光回線通っていなくても利用できる可能性があります。

④スマホ回線を使用する

スマホの大容量または無制限プランに加入して、テザリングを通じてネットを使用するという方法もあります。

ネットとスマホの料金を1つにまとめることができるので、通信費の節約にも繋がりますし、スマホ回線はフレッツ光と同じぐらいの人口カバー率を誇っているため、山間部や離島でも利用できる可能性が高いです。

スマホ回線でもポケットWi-Fi並みの通信速度は出せますし、5Gに対応していれば100Mbps程度の快適なネット利用が可能です。

常にスマホを近くに置いておく必要もありますが、利用できる可能性としてはスマホ回線が最も高いと言えるでしょう。

⑤ケーブルテレビ回線を使用する

地方限定でサービスを提供しているケーブルテレビ会社のネット回線を利用するという方法もあります。

地域密着のサービスでもあるため光回線が通っていなくても加入できる可能性が高くなります。

ケーブルテレビや固定電話、格安SIM、電気・ガスとのセット割なども利用できるので、家中のさまざまなサービスを1つにまとめることもできるでしょう。

ただし、サービスによっては通信速度が遅くストレスになる可能性もあるので注意してください。

3.将来的にエリアに含まれる可能性はある?

現状として光回線が通っていない地域が今後エリアに含まれる可能性が低いと考えられます。

フレッツ光でも人口カバー率は既に95%を超えており、日本に住むほとんどの方にサービスを提供することができています。

現時点でエリア外になっている地域は山間部や離島など、光回線を通すのに費用がかかってしまいますし、かけた費用ほどの加入者も見込めません。

費用対効果の低い地域と判断されているため、今光回線が通っていない地域には今後も通ることはないと言えるでしょう。

4.まとめ

光回線が通っていない時の解決策について解説していきました。

フレッツ光のエリアチェックをして、通っていないことがわかったら「モバイルWi-Fi」や「ホームWI-Fi」「スマホ回線」「ケーブルテレビ回線」などを検討してみてください。

ネット回線の選択肢は光回線以外にも豊富に揃っているので、いずれかのサービスが使える可能性があります。

選択肢は限られてきますが、ネットが使えないよりはマシなので今回の記事を参考に解決策を試してみてください。

オススメ関連記事