しつこい?ソフトバンク光の解約引き止め営業電話をどうにかしたい!

ソフトバンク光を解約しようとしたら「解約の引き止め」をされた経験はありませんか?

解約引き止め電話とは、解約しようとカスタマーサービスに電話した時になかなか解約手続きに進まないと言うものです。ネット上では「解約引き止めの営業電話」が話題になっているらしいのですが、その電話とは具体的にどんな内容なのでしょう?

そこで今回はソフトバンク光の「解約引き止め営業電話」の真実について調べてみました!

結果から言うと、ソフトバンク光の「解約引き留め営業電話」は実際にはマニュアルにはなさそうなんや。解約を希望するユーザーに「新たな提案」と言う形の話が長いみたいやで。
でも、担当者によってはクレームになる場合もあるのかもしれへんな!

目次

解約引き止め営業電話とは?

まず、最初にソフトバンク光の「解約引き止め営業電話」について調べてみましょう!。

これはソフトバンク光を解約するためにカスタマーサポートに電話すると窓口のオペレーターが「解約引き止め」のために引き伸ばしや様々なトークをしてくることを指すようです…!

ネットの書き込みを分析するとその内容はだいたいこんな感じです。

❶電話が繋がらない!

ソフトバンク光の解約にはカスタマーサポートへ連絡する必要があるので、まず電話をかけます。

【ソフトバンク光のカスタマーサポートの電話番号】
0800-111-2009(10:00~19:00)

通話自体はすぐ繋がるのですが、そこからよくある”番号案内”によって解約の窓口へ誘導されます。

そこからオペレーターに繋がるまでがとても長いそうなのです。

口コミによっては、電話をかけ始めて解約担当者と話ができるまで「30分~1時間は覚悟が必要」だと言うものもありました。

全てのケースで必ず待たされるわけでもないと思いますが、長い時間待たされたという情報が散見されますから、ある程度は覚悟が必要かもしれません。

しかし、これはワザと繋がらなくしているのでは無く、ただ単にオペレーターの数の問題や、解約者の数の問題であるかもしれません。

❷オペレーターの謎の世間話

やっとのことで解約窓口へ繋がったと思っても、そこから「引き止めトーク」が待っているとも言われています。

電話口のオペレーターは解約手続きの受付や処理が仕事のはずですが、解約の受理や乗り換えに必要な「事業者変更番号発行」まで、謎の世間話をされたといった人もいました。

全てのオペレーターが同じ応対をするとは限りませんが、その方はなんだかんだと番号発行まで有に30分くらいかかってしまったとか。

解約のための電話で世間話というのも「ホント?」と思ってしまいますが、上手く話を逸らそうとするオペレーターもいるのかもしれませんね。

これはオペレーターの質の問題かもしれません。

❸本格的な引き止めトーク

また「本格的な引き止め」トークをされたと言う声もあります。

ソフトバンク光としては【ユーザーの解約=回線数の減少】ということが起こってしまうわけですから出来る限り引き止めたいですよね。

その事情や気持ちはよく分かります。

ただ、そのために《1年限定月額¥1,000割引》という、公表されていない”特別割引”を勧められたり、契約解除金や工事費の残債を引き合いに出してきたりと、あの手この手で「引き止め」ようとすると言うのです。

このような「引き止めトーク」がオペレーターマニュアルになっているのかは内部事情なので分かりませんが、解約手続きをする前にいろいろな「案内」をするのは事実なのかもしれませんね。

「しつこい!」のは本当?

そこでソフトバンク光の「解約引き止め営業電話と遭遇した」と言う人の声を集めてみました!

乗り換えで事業者変更の番号もらうだけやのに51分もかかったわ。 ちょっと酷すぎちゃう? 引き止めトークも長すぎでオモロないし、電話しか解約方法がないのは今の時代どうなんやろね?

ソフトバンク光から光コラボの他社へ乗り換え。 事業者変更承諾番号を聞くのにソフトバンク光のカスタマーサポートに電話したけど、その時の引き止め方がエグい。笑 それでも引き下がらずに、番号教えてくれと頼んだ時の淡々とし説明の仕方・・・ 別れを決めた恋人思い出したわ!

このようにネットの評判はあまり芳しいものではありません。

しかし、これらの声が本当に全てなのでしょうか!?

SNSへ投稿するケースはほとんどが余程のクレームがあった場合だと考えられます。

何の問題も無くすんなり解約手続きが完了したら、わざわざSNSへ投稿したりするでしょうか?

しませんよね。

なので、もし全ての応対が酷いものだとしたらそのような企業はおのずと淘汰されてしまうと思います。

ソフトバンクくらいの企業であれば「風評」を常にチェックしているはずなので、オペレーターへの教育や指導が徹底されて、このようなクレーム内容がSNS上に挙げられないようオペレーターマニュアルも日々変化していることでしょう!

解約電話の良いかけ方

ソフトバンク光を解約する時にははっきりと「解約する意思」を伝えましょう!

ちなみに解約理由は「会社が倒産してローン払えなくなったので家売ります!」て言ったらなんの引き止めもなくすんなりソフトバンク光解約出来ました(*´ω`*)

ちなみにソフトバンク光、引き止めしつこいときはブチギレた方がスムーズに解約出来る。そりゃオペレーターだってブチ切れた客に怒鳴られ続けるより解約の案内してさっさと電話切ってる方がいいもんね。

↑これはちょっと大袈裟なで話ですね。

では、実際の引き留め電話ではどうのように話を進めるのがよいのでしょう?

解約理由を明確に伝える

カスタマーサポートは全ての問い合わせ窓口になっていますが、番号誘導により”解約”のための連絡だということはオペレーターも分かっています。

ですから話の目的は契約の解除を成立させることにあります。

そのためにも話の起点として「○○○○で〇月〇日までに解約をお願いします。」と冒頭で伝えきりましょう。

”機先を制する”ことは話しをスムーズに進めるために大切な一手です!

高圧的な態度は止めよう

確かに話しを前に進めようとしない相手に対して、高圧的な態度を取ればそれ以上の抵抗はしなくなるかもしれません。

ですが、評判を鵜呑みにして早い段階から強引に話しを進めようとするのは如何なものでしょうか?

傲慢な態度を取るのはお勧めしません。

序盤は「本当に引き止められるのか、どんな風に引き止められるのか」を確認しながら相手の出方を見るくらいの余裕をもって臨みましょう。

必要な情報を手元に用意する

解約手続きをスムーズに行うには、解約に必要な情報が必要です。

曖昧な情報だけでは一度で手続きが終わらなかった理、無駄が生じる可能性があります。

・解約月
・撤去工事立ち合い可能日(候補日3日程度)
・集合住宅の場合は大家さんなどの情報
・清算項目の確認など

聞かれたら即答できることや、こちらからも確認しておくことをしっかりまとめてから解約の電話をしましょう!

解約する前に相談しよう

インターネット通信の予算見直しや携帯キャリアの変更、あるいは回線速度の向上などソフトバンク光ではどうしようもない理由での解約についてなら、すんなり話が進むと思います。

ただ、そうではなく単純に「ソフトバンク光への不満」が原因で解約しようとする場合、解約理由をストレートに伝え改善されれば再考する旨を伝えることで意外と想定と違う道へと進む可能性があります。

ソフトバンク光も必死やで。いろんな手を繰り出してくる中で自分が知らなかった手法や最新機器情報なんかを教えてくれるやもしれへんで。

数ある光回線ですが、どの光回線でもそんなに大きな違いはありません。

特に携帯キャリアと合わせて光回線を選択するのは時代の流れです。

ソフトバンク光に対して不満や困った事がある場合は「解約」をすぐに選択するのでは無く、まずはカスタマーサポートへ相談してみることをおすすめします。

まとめ

「しつこい?ソフトバンク光の解約引き止め営業電話をどうにかしたい!」をまとめました。

諸事情でソフトバンク光の「解約電話」をする時にははっきり解約の意思を伝えるのが一番やね!
ソフトバンク光側からすれば「解約するのは何故なのか?」「改善提案はできないか?」と解約時の電話で話したくなるのは無理ないわな。

オススメ関連記事