【比較】光回線でテレビを見る方法NO.1はこれだ!おすすめベストを一挙公開

近年、テレビを視聴する方法が増えている中、テレビも光回線を利用して視聴できるようになりました。

光回線はインターネットを快適に利用する上で大事なポイントになりますよね。
今回は光回線でテレビを視聴する方法や光回線の比較をし、快適に利用する方法を調査していきます!

これから光回線を契約しようと考えている方や今よりもお得なるプランを考えている方の参考にしてもらえればと思います。

まずは、光回線でテレビを視聴するメリットやデメリットについて調べていきましょう!

目次

光回線でテレビを視聴するメリット・デメリット

光回線でテレビって観れるん?
インターネットを利用する為のものやと思ったんやけど。

光回線でテレビを視聴できるサービスが増えてきているのです。
最近ではインターネットなどと一緒にまとめて契約できるので管理がしやすくなっています。

インターネットが普及した現代、動画視聴やゲームなど楽しむ方法が様々です。

一方、テレビも地デジやBSなど様々なチャンネルがあり楽しみ方も多いです。テレビは基本的にアンテナを設置する事で視聴する事ができますが、ケーブルテレビを契約する事でアンテナを使用しなくてもテレビを観れるようになりました。

そして、近年ではインターネットを快適に使用できる光回線を使ってテレビを視聴する人も増えてきています。

では、一体どんなメリットやデメリットがあるのか確認してみましょう。

メリット

〇初期費用が安い

テレビを視聴するにはアンテナお設置したりなど工事が必要になります。
光回線も始めて利用する方には工事が必要になりますが、光回線を導入する事で工事費無料や割引などといったキャンペーンがあるので費用を抑える事ができるかもしれません。

〇アンテナ不要なので天候に左右されない

アンテナを設置すると、テレビの電波は外で受信するので天候によって影響をうける可能性があります。
例えば、大雪や台風などといった天候の場合は画像が乱れてしまう可能性が出てきてしまいます。

光回線であれば、外の天候によって電波障害を受ける事がないので安定してテレビを視聴する事ができます。
更に、インターネット通信とは別で受信しているので、インターネット速度が影響する事もあまりありません。

〇インターネットや電話などまとめて契約できる

光回線でテレビを契約すると、インターンネットや固定電話などまとめて契約する事が可能なので管理がしやすいです。
また、まとめて契約すると割引できることもあるのでお得になることがあります。

デメリット

〇対応地域が限られている

光回線の対応地域が拡大されている中、まだ利用ができない地域もあります。
更に、光回線の対応地域であってもテレビサービスが対応できない地域もあります。
予め、ホームページで自分の住んでいる地域が対応可能か調べておくと良いですね。

〇開通までの時間がかかる

元々光回線を導入していれば、テレビを開通させる工事だけなのでそれほど時間はかかりません。
しかし、光回線を始めて導入する場合は2ヶ月ほどかかる事があります。
すぐに視聴できないのがデメリットとなってしまいます。

今までのテレビを視聴するのにアンテナが必要って頃がないのはええな!
電話とかとまとめて契約できるのも管理しやすいのもお得やね!

そうなんです。
もちろんデメリットもありますが、メリットの方が大きいのでお勧めです!

光回線テレビを比較

光回線を利用してテレビを視聴するサービスおを3つに分けて紹介します。

初期費用月額料金対応回線
フレッツ・テレビ戸建て:34,210円〜
集合住宅:30,910円〜
825円〜フレッツ光
光コラボ
ひかりTV0円1,650円〜
※プランによって変わります
フレッツ光
光コラボ
Nuro光
電力会社の光テレビ電力会社によって変わります506円〜コミュファ光
メガエッグ
BBIQ
など

フレッツ・テレビ

フレッツ・テレビはNTT西日本・NTT東日本の回線を利用したサービスの為、対応地域が広いことが特徴です。

また、オプションでチャンネルを加える事が出来るので自分にあったプランを選べるのもメリットです。

しかし、マンションなどの集合住宅では利用できない事があるので、予め確認する事をオススメします。

ひかりTV

NTTぷららが提供している光回線を利用したサービスです。
地デジなどのチャンネルや動画などを配線しているインターネットサービスの為、利用にはインターネットの光回線を加入が必須となります。

ひかりTVの特徴はチャンネル数が多いだけでなく、音楽などといったサービスが楽しめます。
更に、マルチデバイス対応になっている為、専用のアプリをインストールすればスマホなどの機器でテレビを観る事が可能です。

様々なジャンルをどこでも楽しめたい方にはオススメの光回線テレビです。

電力会社の光テレビ

電力会社系の光回線は、各地方の光回線を利用している為自分が住んでいる地域の電力会社が提供する光テレビを契約する事になります。

プランや料金は各会社によって異なるので、住まいの対応会社を予め調べておくと安心ですね。
また、地デジやBSが観れない所もあるので注意しましょう。

しかし、光回線とセットプランで契約できる事が多いので、比較的安いのが特徴です。

光テレビも色々あるんやな〜
住んでる場所が対応できる光回線を調べとこ!

光回線の他にもケーブルテレビがあります。
自分に合うものがみつかるとよいですね。

ケーブルテレビは、光テレビと同じような仕組みでテレビを視聴でき、アンテナも不要なので天候に左右される事はありません。

どちらも専用の放送衛星から電波を受信し、光ファイバーを使用してテレビを視聴する事ができます。

更にケーブルテレビはインターネット回線も使用する事ができます。
しかし、下りの最大速度が光回線では1〜Gbpsに対して、ケーブルテレビでは160〜320Mbps程で速度は速いと言えません。

また、月額料金もプランによっては光回線よりも高めなので、光テレビの方がお得かもしれませんね。

安さ重視なら光テレビがええな〜
うちも光回線で契約しようかな!

そうですね、光回線の方が安くなるプランもあるのでお得かもしれません。
まずは、住まいに対応している光回線を予め調べて自分にあったプランでテレビを楽しみましょう!

まとめ

近年、光回線を利用してテレビを視聴する方法が増えてきています。

従来のテレビではアンテナを設置する事で視聴しますが、天候によって画質があれる事があります。アンテナに対して光回線は、天候に影響されずテレビを快適に視聴する事ができます。

更に、アンテナを設置するよりは光回線を契約する方が安くなるのでお得です。しかし、光回線は地域によって限られてしまうので、今住んでいる地域が対応しているか調べておく必要があります。

また、光回線テレビには大きく「フレッツ・テレビ」「ひかりTV」「電力会社系」の3つに分ける事ができます。

「フレッツ・テレビ」はNTT西日本・NTT東日本が提供している回線を使用している為、対応エリアが広いのが特徴です。

「ひかりTV」はテレビ視聴するだけでなく、音楽なども楽しめるのが特徴です。

しかし、インターネット光回線も合わせて契約しなくてはなりませんので、予め調べておきましょう。更に専用のアプリを使えば、スマホなどの機器で視聴できるので外出先でも楽しめますね。

「電力会社系」の光テレビでは、地方の光回線を利用しています。

お住まいの地方の光回線と契約する必要がある為、プランや料金は各会社によって異なりますが、安く契約できる所が多いのが特徴です。

光回線の他にも、アンテナを設置しないケーブルテレビがありますが、プランによっては光回線よりも料金は高くなります。

また、ケーブルテレビでインターネットを利用する事ができますが、速度は速いとは言えませんので光回線の方がお得かもしれませんね。

光回線は天候に左右されず快適にテレビを視聴する事ができ費用も抑える事ができるので、自分に合ったチャンネル数などのプランを予め調べて契約する事をオススメします。


オススメ関連記事