【損だよ】ドコモ光はしつこい勧誘から入会したらダメ!一番得する方法はコレ!

ドコモ光勧誘しつこい得方法

電話や訪問営業で「今ドコモ光に入会するとネット代が安くなりますよ!」という売り文句で契約を迫られたという経験をした人も多いのではないでしょうか。

このような営業に力を入れている光回線や代理店だと、勧誘がしつこくて迷惑ですし、断るのも難しくなってしまいます。

しかも、営業マンの言葉を鵜呑みにして契約したら、そこまで安くならなかったという事例もあるので注意が必要です。

そこで今回は電話/訪問営業からドコモ光に入会しない方がいい理由や勧誘の上手な断り方、お得なドコモ光への入会方法について解説していきます。

目次

1.電話/訪問勧誘からドコモ光に入会しない方がいい理由は?

電話/訪問営業からドコモ光に入会しない方がいい理由としては以下の点が挙げられます。

  • サービスの内容を冷静に把握できない
  • 他のサービスや代理店などと比較ができない
  • 営業マンが嘘をついている可能性がある
  • 不要なオプションに加入させられる

では、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

①サービスの内容を冷静に把握できない

電話や対面での営業トークを聞くだけでは、サービスの全体像を把握することは難しいですよね。

月額料金や工事費ぐらいであれば理解できるかもしれませんが、何にいくらの費用が発生しているのかや、オプションやサービスなどの必要性などの判断をするのは困難です。

冷静にサービスの内容が把握できていない以上、その場で契約してしまうのはとても危険です。

加入後に思っていたのと違っている可能性も高いですし、余計な費用がかかっているかもしれません。

勧誘を受けたときはその場では契約せずにサービスの全体像を一度確認することを忘れないようにしてください。

②他のサービスや代理店などと比較ができない

そもそも勧誘を受けた光回線が自分にとってベストな選択肢かどうかを判断するのは難しいはずです。

自分に合う光回線を見つけるには、さまざまなサービスを比較した上でなければできません。

その場で都合の良い話を聞くだけでは最適な選択はできませんし、もしかしたらもっとお得なサービスがあるかもしれません。

自分に合うサービスを比較・検討するためにも、勧誘からドコモ光に加入するのはやめましょう。

③営業マンが嘘をついている可能性がある

光回線の営業は基本的に販売を委託された代理店の社員が行っています。

そのため、中には悪質な代理店も存在しており「今より料金が安くなる」「手続きしないとネットが使えなくなる」といった嘘の情報を話して契約を迫るケースもあります。

これらの手口に引っかかってしまうと料金的にも損ですし、そのような代理店から契約するのは絶対におすすめできません。

都合の良い話ばかりする勧誘に出会ったら、すぐに断るようにしてください。

④不要なオプションに加入させられる

悪質な勧誘に引っかかって光回線に加入してしまうと勝手に不要なオプションに加入させられる可能性があります。

通常の申し込みであればオプションへの加入は選べるようになっていますが、勧誘からの契約だと知らないうちにオプションが付けられてしまい解約しようとすると違約金が発生するケースもあるので注意が必要です。

2.電話/訪問勧誘を上手に断る方法

電話や訪問による勧誘を上手に断る方法としては以下の4つがあります。

  • 相手にしない
  • 「訪問禁止」などの張り紙をする
  • 電話番号を迷惑電話に登録する
  • 「乗り換え先を決めている」と伝える

それでは1ずつ詳しくみていきましょう。

相手にしない

勧誘に引っかからないために最も効果的な方法は「相手にしない」ことです。

電話に出てもすぐに断りを入れて切ったり、訪問営業が来ても相手にせずにドアを閉めたりするのがおすすめです。

訪問営業の場合はインターホンのモニターをチェックした上で居留守を使うものいいでしょう。

少しでも話す意思を示すと営業マンは勧誘を強めてくるので、最初から相手にしないことが最大の対策になります。

「訪問禁止」などの張り紙をする

家の前やマンションの入り口などに「訪問禁止」と書かれた張り紙を貼ってもらうのもおすすめです。

「訪問販売おことわり」などの貼り紙が貼ってあれば、勧誘が来ることも少なくなるでしょう。

しつこい勧誘にお悩みの方はマンションの大家さんや管理会社などに頼んでみてください。

電話番号を迷惑電話に登録する

電話勧誘がしつこい場合は、その電話番号を迷惑電話に登録しておきましょう。

迷惑電話に登録しておけば、着信がきても着信音がならず繋がらないので不快な思いをせずに済みます。

その他にも着信拒否番号として登録するというのもおすすめです。

「乗り換え先を決めている」と伝える

光回線の勧誘は乗り換えを勧めてくるものがほとんどなので、すでに乗り換え先を決めていることを伝えれば諦めてくれます。

どんなに頑張って営業しても乗り換え済みの人から契約は取れないので、これを言っておけば勧誘を撃退することができるでしょう。

3.一番お得なドコモ光の入会方法は?

ドコモ光に加入するとき公式サイトや代理店など、どの窓口から入会するのが一番お得なのかについて解説していきます。

お得な申し込み窓口を紹介するのでドコモ光を検討している方はチェックしてみてください!

一番お得なのは「OCN for ドコモ光」

ドコモ光で最もお得な入会方法は「OCN for ドコモ光」です。

まずは基本的なサービス内容を見ていきましょう。

月額料金(戸建て)5,940円
月額料金(マンション)4,620円
工事費無料
セット割ドコモ(最大1,100円/月割引)
IPv6接続対応
キャッシュバック20,000円
キャンペーン特典・dポイント2,000ptプレゼント
・無線ルーターレンタル無料
・総合セキュリティサービス12ヶ月無料
OCN for ドコモ光のサービス内容

月額料金や工事費無料、セット割といった内容は公式窓口と同じになっていますが、異なるのはキャッシュバックやキャンペーン特典の項目です。

OCNでは加入した方を対象に20,000円のキャッシュバックをプレゼントしています。その上、2,000円分のdポイントもプレゼントされるお得な内容になっています。

また、無線ルーターも無料でレンタルできるので、スマホやタブレットといった端末からもWi-Fiで接続できるようになります。

これだけお得な特典を用意している申し込み窓口はほとんどありませんし、OCNは有名企業でもあるので見慣れない代理店から申し込むよりも安心です。

ドコモ光の加入をお考えの方はぜひOCNの窓口から入会してみてください。

4.まとめ

ドコモ光の電話/訪問勧誘から入会しない方がいい理由や勧誘の断り方、お得な入会方法について解説しました。

勧誘を受けてその場で契約するメリットは全くないので、勧誘は基本的に断るようにすべきですし、もし話を聞いてしまったとしても流されずにその場では断ってから自分で調べるようにしてください。

また、ドコモ光の場合は勧誘から入会するよりも「OCN」の窓口から入会するのが絶対におすすめなので、加入を検討している人はぜひ利用してみてください。

オススメ関連記事