【ドコモ光】解約金免除の適用方法!引っ越しのエリア外ではない場合も可能?

ドコモ光解約免除

「ドコモ光の解約金っていくらなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

光回線を解約するときにかかってしまう「解約金」ですが、サービスによって金額が異なるので、解約時に「えっ!こんなにするの?」と驚いた経験をしたことがある人もいるはずです。

解約金自体は手続きのタイミングなどによって免除できるので、加入する際に必ず確認しておかなければならないでしょう。

そこで今回はドコモ光で解約金を免除するための方法を解説していきます。

目次

ドコモ光の解約金はいくら?

まずは、ドコモ光の解約金が具体的にいくらなのかを見ていきましょう。

ドコモ光には2年間の定期契約プランが用意されており、期間内で解約をすると戸建て・マンションそれぞれで以下の解約金が発生します。

  • 戸建て:14,300円
  • マンション:8,800円

ただ解約するだけなのに10,000円近くの費用がかかってしまうのは大きな負担になってしまいますよね。

ドコモ光に加入されている方は解約時に上記の解約金を支払う可能性があるので注意してください。

その他にかかる費用は?

ドコモ光を解約する際には解約金だけでなく、『解約月の月額料金』も支払わなければなりません。

そこで気になるのが「解約月の月額料金が日割りされるかどうか」ですよね。

しかし、ドコモ光の解約月の月額料金は日割りされず、月のどのタイミングで解約しても1ヶ月分の料金が請求されます。

そのため、ドコモ光を解約する際は月末近くを手続きのタイミングとして選ぶのがおすすめです。

ドコモ光の解約金が免除になる方法は?

ドコモ光の解約金を免除する方法としては以下の3つが考えられます。

  • 契約更新月に解約する
  • 定期契約なしのプランに加入する
  • 他社の乗り換えキャンペーンを利用する

それでは、それぞれ具体的にどのような方法なのか詳しく見ていきましょう。

契約更新月に解約する

まず最初に考えられるのが「契約更新月に解約する」というものです。

契約更新月とは、定期契約が満了した際に次の契約を継続するかどうかを判断するために設けられた期間のことで、更新月に該当する期間に解約手続きを行えば解約金は請求されません。

ドコモ光では契約満了月の『当月』『翌月』『翌々月』の3ヶ月間を契約更新月に設定しています。

期間に余裕はありますが、契約満了のタイミングを覚えておかないとすぐに忘れてしまうので、加入する際に更新月がいつになるのかを確認しておきましょう。

定期契約なしのプランに加入する

ドコモ光には定期契約がない料金プランも存在しており、そちらでは解約金の設定はありません。

しかし、解約金がない分、月額料金が通常よりも2,000円ほど高くなっているので、あまりおすすめできる方法とは言えないでしょう。

1〜2ヶ月といった短期間のみの利用でドコモ光に加入するといった場合でもない限り選択肢としては推奨できません。

他社の乗り換えキャンペーンを利用する

ドコモ光から他社のネット回線に乗り換える際、「違約金を負担してくれるキャンペーン」や「キャッシュバック特典」を活用して、解約金を相殺するというのも非常におすすめです。

ネット回線では新規顧客の獲得のためキャンペーンに力を入れるため、他社から乗り換えで発生した違約金を負担してくれるケースが多く存在します。

キャッシュバック特典も金額によっては、ドコモ光の解約金を上回る場合も多いのでおすすめです。

ドコモ光を解約して他社に乗り換える場合はキャンペーン情報も必ずチェックしてみてください。

ドコモ光ユーザーで引っ越しをする場合は?

ドコモ光を利用されている方で引っ越しをする場合の扱いについて解説していきます。

引っ越し先でドコモ光がエリア内・エリア外だった場合に分けて詳しく見ていきましょう。

引っ越し先がエリア内だった場合

引っ越し先がドコモ光のエリア内だった場合は、引っ越し(移転)手続きを行うことで引き続きドコモ光を利用することができます。

ただし、移転事務手数料の2,200円に加えて、引っ越し先での工事費が発生するので注意してください。

工事費については主に以下のような金額になっています。

  • 派遣工事あり:8,250円〜19,800円
  • 派遣工事なし:2,200円

移転手続きの申し込みは「Web」「電話」「ドコモショップ」で受け付けています。

引っ越し先がエリア外だった場合

引っ越し先がドコモ光のエリア外だった場合は、継続してドコモ光を利用することができません。

そのためドコモ光を解約する形になってしまいます。

解約手続きは通常と変わらず、手続き内容や解約金の金額なども同じです。

引っ越しのタイミングは選べないため、契約更新月での解約は難しいかもしれませんが、他社の乗り換えキャンペーンを利用するなどで費用負担を小さくしてみてください。

まとめ

ドコモ光の解約金を免除する方法について解説していきました。

最も一般的なのは「契約更新月に解約する」という方法ですが、人によってはタイミングを合わせられなかったり、急を要して解約しなければならなかったりもするはずです。

そのような際は、他社のネット回線に乗り換える際に利用できる「違約金負担キャンペーン」「キャッシュバック特典」を活用してみましょう。

これらの特典を上手に活用すればドコモ光を解約する際にかかる費用負担もできるだけ小さく抑えられるはずです。

今回の記事の内容を知っているか、知らないかでドコモ光の解約時に支払う金額が大きく異なるので必ずチェックしておいてくださいね!

オススメ関連記事